2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.10 (Mon)

国内初の動物由来感染症

昨年日本で狂犬病が50年ぶりに発症したのはまだ記憶に新しいですね。

これはフィリピンからの輸入感染症例ですから、国内での発症とは

少し意味合いが違います。



ですが、先月もうひとつ代表的な感染症であるエキノコックス症が

国内で初めて検出されていたことがわかりました。


しかも飼い猫の糞から!

人への感染源になり得るということですからちょっと見逃せません。

【続きはこちら】

エキノコックス症というのをご存知でしょうか。

手塚治虫さんの『ブラック・ジャック』をご存知でしたら、

記憶にあるかもしれません。

ブラック・ジャック先生がオーストラリアの草原でディンゴという野犬の一種

に囲まれながら自分自身を開腹手術する話があったのです。

その手術の原因になったのがエキノコックスという寄生虫です。



   ※ブラック・ジャックで描かれていたのはあくまでも突然変異の新種
     という設定で、大きさや性質は実物のものとは違っていました。



それが日本国内で見つかった、しかも飼い猫からというのですから、

驚きです。

以下に記事を引用しておきます。



     【猫からエキノコックス卵 人への感染源になる恐れ】

 人に感染すると重い肝障害を引き起こす寄生虫エキノコックスの卵が国内で
初めて、飼い猫のふんから検出されていたことが28日、北海道大の野中成晃
講師(寄生虫学)らの研究で分かった。北海道江別市で開かれる日本獣医学会
で来月2日に発表する。

 エキノコックスは北海道を中心に、ネズミなどを介してキツネや犬に広がっ
ているが、猫は感染しにくいと考えられていた。野中講師は「猫が人への感染
源になる可能性がある」としている。

 研究によると、昨年12月初旬、北海道内の飼い猫(雌、当時6歳)が獣医
師にかかり、ふんから見つかった卵をDNA検査してエキノコックスと分かっ
た。この猫は放し飼いでネズミを捕まえている様子が頻繁に目撃されていた。

 野中講師は「ネズミを食べて感染したか、卵の含まれていたキツネのふんを
食べ、感染せずに卵だけ排泄(はいせつ)された可能性がある」としている。

 エキノコックスはサナダムシの一種。飲み水などを介して卵が人の体内に入
ると肝臓などに病巣を作り、放置すると死亡する場合もある。人から人へは感
染しない。厚生労働省によると、今年は12人、昨年は20人の発症が国内で
確認されている。


                 ◇

 エキノコックスに詳しい国立感染症研究所の森嶋康之主任研究員の話 
「猫はネズミを捕食する頻度が高く、感染して卵を出していたとすれば、人と
の接触が少ない野生のキツネや、ネズミをあまり食べない犬よりはるかに危険
だと思う。ペットを飼う人が増えているので、北海道の猫の情報収集を進め、
注意喚起をしたい」


SankeiWEBより引用-




エキノコックス症は自覚症状が出るまで数年~数十年と長く、その間は無症状です。

体内に入ったエキノコックスの卵はそこで幼虫となり肝臓に寄生します。

肝臓に寄生すると肝機能障害や肝肥大などを引き起こし、何もしないと

死にも至るという怖い病気です。




家畜から家畜へ、ヒトからヒトへ、家畜からヒトへの感染はしませんので

必要以上に怖がる必要はないですが、エキノコックスの「卵」が入っている

可能性のあるものをそのまま口から摂取してしまうと

寄生の可能性があるということです。

つまりエキノコックスが寄生した宿主(この場合でいうと飼い猫)の糞便に

直接触って手を消毒せずに食事をしたりした場合ということになります。




現在では現在医薬品による有効な予防・治療の方法はなく、

もし発症したら外科的な手術をして取り出すしかありません。



今の所、日本での発生は北海道に限られるようですが、

これで北海道在住の飼い猫さんを外に出したくない理由が

ひとつ増えることになってしまいましたね。



┏─┓―――――――――――――――――――――――――――○○●
│★|こなつのつぶやき
┗─┛―――――――――――――――――――――――――――○○●



あたしは大丈夫よ。

ネズミさんとは遊ぶだけだし。



                          奈「ダメッ!」



それにここ、北海道じゃないし。



       奈「それでもダメ!

         そもそも生きてるネズミさんおもちゃじゃないし。」



┏─┓―――――――――――――――――――――――――――○○●
│★|編集後記
┗─┛―――――――――――――――――――――――――――○○●



振り返ってみると、マンガから得た知識って

結構役に立ってる気がする。


 ¨::::::::::..........ゝゝ....:::..
    ¨¨¨¨¨¨¨¨‥‥‥ゝ‥:::::::.......::‥‥
 .    ..... ..     ゝゝ ¨¨¨¨¨¨     
  ¨¨::::::::::...........ゝ......::::::::::..‥
       ¨¨¨¨¨¨ゝ¨‥‥‥‥:::¨¨
        〃  
       "^ ̄  野球のルールは
    〃        
   "^ ̄ 〃    「ドカベン」で覚えました。
      "^ ̄     

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 ジャンル : ペット

タグ : 動物由来感染症 エキノコックス ブラック・ジャック

EDIT  |  17:40  |  [バックナンバー]猫ニュース  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

エキノコックス症…キツネから~と認識してました。
うちも北海道じゃないから大丈夫だとは思いますが知らない間に生息区域が変わってたりすると怖いですね(汗)

しっかり手洗いうがいですね。
nejinoheya |  2007.09.10(月) 22:22 |  URL |  【コメント編集】

私もこのニュースを見たときは本当に驚きました。
そして、同時に風評被害が出なければイイな・・・と感じました。
完全室内飼いは、事故や伝染病を防ぐためだけじゃなく、
飼い主自身を守るためにもなるんですね。
北海道だけとのことですけど、発見されてないだけで、
もう南下し始めてるのかも・・・。
そう考えると怖いですね(^^;
じゅん |  2007.09.10(月) 23:52 |  URL |  【コメント編集】

うちも北海道ではないので大丈夫だと思いますが・・・
なにはともあれ清潔にするのは大事ですね
食事の前の手洗いもそうですが
帰宅時の手洗いも大切ですね
外に出ていろんな物に触る人間が病原菌など持ち込む可能性もありあますものねぇ~
気をつけなきゃ(^^;



susato |  2007.09.11(火) 09:57 |  URL |  【コメント編集】

>nejinoheyaさん

私もてっきりキツネからだけだと思っていました。海を渡るネズミもいるとかいないとか・・・。ま、その真偽はわからないけど、生息地域が変わるなどのことは人間にはどうにもできませんもんね。


>じゅんさん

本当ですね~。エキノコックスって育っちゃうとお腹の中で幼児の頭くらいの大きさになることもあるそうですよ!ぎゃー。


>susatoさん

ついついおろそかにしがちですが、通年手洗いうがいは必須ですよね。
私も気をつけないと。
自分がお腹が強いもんで、ついつい。^^;


奈々 |  2007.09.11(火) 17:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。