2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.04 (Tue)

「タウリン」をもう少し詳しく

昨日のメルマガで「タウリン」についてちらっと触れましたが、

今日はもう少し詳しくそのタウリンについてお話しします。



タウリンとは「ファイトお~っ!いっぱぁ~つ!」のアノCMでも

「1000mg配合」と謳われているあのタウリンです。

(1000mgってつまりは1gのことなんですが、1000mgと言われると

 ものすごくたくさん入っているような気がしますね。)

【続きはこちら】


ちなみに正式名称はアミノエタンスルホン酸ともいわれるアミノ酸誘導体で

化学式ではC2H7NO3S、分子量121.15の細い針状の白色結晶です。

(なんのこっちゃって感じですが・・・^^;)



このタウリン、私たち人間はもちろん、ほとんどの生物は体内に持っています。

ですが、私たち人間でいうと必要量の5%程度しか体内で生成することができず、

残りの95%は食品や健康食品からとる必要があります。

ではこのタウリンがあることでどのような良い効果があるのか?



残念ながらタウリンの生化学的性質や薬理作用などは分からない部分が多く

今現在も研究が続けられており、すべてが解明されているわけではありません。

でも今わかっているだけでも、解毒作用、浸透圧制御、カルシウム濃度の調整、

コレステロールの溶解作用
などが知られており、心不全や血管の治療、肝臓病

の治療に効果ありということで使用されてもいます。

また、胆汁酸の分泌を促進させる働きもあります。

胆汁酸にはコレステロールを排泄する働きもあるため、

体内の余計なコレステロールを減らしたり、コレステロールによる胆石の予防

にもなります。

タウリン投与で、血清中のコレステロール値が低くなることが分かっています。



簡単に言うと私たちの身体や細胞を正常な状態に戻そうしてくれる物質だと

いうことでしょう。

人間の場合は筋肉(体内のタウリン量の約70%)、心臓や肝臓などの臓器、

脳、眼の網膜などに高い濃度で含まれています。


またタウリンは、筋肉が疲労すると蓄積する乳酸が増えるのを抑制する働き

あるそうで、栄養剤ではこの作用を疲労回復に役立たせているのかもしれませんね。

また、現在では過剰摂取による副作用も特に報告されていません。

が、疲れているからといって栄養ドリンクのがぶ飲みは良くないでしょうね。(笑)



タウリンは食物の中では魚介類に多く含まれています。

含有量が多いのは以下の通りです。



1.サザエ…………1536    9.タイショウエビ…… 317
2.コウイカ………1212   10.マサバ血合肉……… 293
3.カキ……………1163   11.マイワシ…………… 256
4.マグロ血合肉… 954   12.アジ………………… 206
5.マダコ………… 871   13.サンマ……………… 187
6.ブリ血合肉…… 673   14.ブリ普通肉………… 187
7.ズワイガニ…… 450   15.カツオ……………… 167
8.キダイ………… 339   16.スルメイカ………… 159
                     (※生100g当り/単位 mg)



このタウリンを体内で生成することができないのが、猫です。

人間にとっても大切なアミノ酸物質であるタウリン。

それが不足すると猫は次のような症状を引き起こすことがあります。



■盲目

目の網膜細胞の正しい発達のために不可欠なタウリンが欠乏すると

網膜細胞が正常に機能しなくなり、細胞が死んで、その結果視力が低下したり、

最悪の場合は盲目になったりします。

これは猫の中心網膜変性という病気に関連しています。


■心臓疾患

心筋細胞の正常な機能にも欠かせません。

タウリンが欠乏すると心筋が弱まり、心不全を起こしかねません。

この状態は拡張型心筋症として知られ、命を落とす場合もあります。


■繁殖能力の低下および発育不全

健康な繁殖と成長にも不可欠です。

正常な身体発育のためには、母猫にも子猫にも妊娠中・授乳中、

および成長期に、十分なタウリンが必要です。




このような理由から必ず猫にはタウリン配合のキャットフードを与えるように

してください。

ただし、市販のキャットフードの場合は原材料表に

タウリンの表示がないものもあります。

それらのフードはタウリンが配合されていないかというと、全部が全部そうとは

言い切れません。

なぜなら、タウリンは動物性タンパク質の中に自然に存在するものだからです。

高品質の肉が主原料として含まれていれば、十分なタウリンを供給することができます。

そのためにも原材料表の1番目から3番目に肉類の表示があるものを選ぶように

しましょう。




難しい話




┏─┓―――――――――――――――――――――――――――○○●
│★|こなつのつぶやき
┗─┛―――――――――――――――――――――――――――○○●



ごはん、タ(ウ)リーン!



                      奈「・・・^^;・・・」



┏─┓―――――――――――――――――――――――――――○○●
│★|編集後記
┗─┛―――――――――――――――――――――――――――○○●



人間にも猫にも大事なタウリン。

和食ってタウリン的にも理にかなっているんですね。


 ¨::::::::::..........ゝゝ....:::..
    ¨¨¨¨¨¨¨¨‥‥‥ゝ‥:::::::.......::‥‥
 .    ..... ..     ゝゝ ¨¨¨¨¨¨     
  ¨¨::::::::::...........ゝ......::::::::::..‥
       ¨¨¨¨¨¨ゝ¨‥‥‥‥:::¨¨
        〃  
       "^ ̄  そろそろ牡蠣のおいしい季節。
    〃        
   "^ ̄ 〃    あぁ、ぷりっとした牡蠣食べたい。
      "^ ̄     

人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 ジャンル : ペット

タグ : タウリン

EDIT  |  18:08  |  [バックナンバー]猫の健康・病気  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

*Comment

ウチのは、サイエンスダイエットだから‥‥大丈夫だな(笑)
以前のパッケージに、あったんですよ♪
「タウリン配合で、猫の瞳を健康にする」
とか何とか言う表示♪

ちなみに我が家の場合、人間のほうも‥‥
サバとか、アジとか、ブリとか‥‥
タウリンの多い青味の魚が大好物なんですよね(爆)
飼い猫ともども、タウリンの不足にはならないでしょう♪
あめぶら |  2007.09.04(火) 21:08 |  URL |  【コメント編集】

ウォルサムは…確か鶏肉だったから大丈夫なはず…というか、あれだけ高いんだからタウリンなかったらビックリですよ(汗)

タウリン、普段食べれない高い食品に多く含まれているような気が…。

↓今日は普通に読めました!
パピヨン…可愛すぎる!
わざわざアップし直してくださってありがとうございました。お手数をおかけいたしました。
nejinoheya |  2007.09.04(火) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

今までタウリンの表示は見ずに買ってました(^^;
今は療法食メインの食事なので、大丈夫なはず!
そして黒缶にはマグロ血合肉が入っているので、もっと安心かな♪
しっかしタウリン含量TOP16が全て魚介なのには驚きました。
私はあまり肝臓が良くないので、この表を参考に魚選びしてみまーす^^
じゅん |  2007.09.04(火) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

1000mgは1g・・・!!そっか~(゜゜;;)
なんというか・・・数字マジックですよねぇ!
いままで気付きませんでした。1gかぁ(汗)

猫にとってタウリンってとっても重要なんですねぇ。
うむ~今回もとってもお勉強になりました(^^)♪


maquio |  2007.09.05(水) 09:29 |  URL |  【コメント編集】

>あめぶらさん

サイエンスは大丈夫ですね。
それにあめぶらさんちは人間チームも心配なさそう♪
私も魚大好き!あ、さばの味噌煮食べたい・・・


>nejinoheyaさん

今手元にあるウォルサムにはしっかり配合されてましたよ(^-^)
100g中0.08gとか。
確かにサザエとか牡蠣とかって日常ではあんまり食卓にあがりませんよね。
がんばってアジとかさんまとかを地道に採っていくしかないか?!
サザエのつぼ焼き食べたい・・・


>じゅんさん

最近のはほとんど配合されていると思いますが、ちょっと昔のは配合されていないフードも多かったみたいです。
こうなると「タウリン」って書いてないと不安になりますよね。
じゅんさんもお魚食べてプリップリの肝臓になってくださいね♪
カキフライ食べたい・・・


>maquioさん

そうなんですよ、まさに数字マジックですよね。ちょっとズルい気もしますけど。(笑)
日本人だと和食でよく使う食材が上位に並んでいるから足りなくなるってことはないのかもしれませんね。和食バンザイ!
ブリの照り焼きもいいな・・・
宮部奈々 |  2007.09.05(水) 17:32 |  URL |  【コメント編集】

今回も勉強になりました。コレステロールも下げてくれるのかぁ。
タウリン…シーフードに多いかな。
タウリンを求めて、痛風になったりして(笑)

って、何事もとり過ぎには注意ですね。
元気イッパツはカロリーも高いですし…

人間も猫みたいに、それだけで栄養満点フードみたいなのがあればなぁ。
料理しなくて済むのに。
(家事全般大の苦手)
kao |  2007.09.05(水) 20:05 |  URL |  【コメント編集】

>kaoさん

そうですよね~魚介類にはプリン体も多いものがたくさんありますからね~。
魚介類大好きな私は通風にだけはなりたくないデス。

>>それだけで栄養満点フードみたいなのがあればなぁ。

思う、思う!
すっごく面倒くさいときはお皿にザラザラ~で、ハイ!おいしいごはん!なんてアイテムがあったら最高ですよね~。(笑)
奈々 |  2007.09.06(木) 18:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。