2017年03月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.09.12 (Fri)

9年間行方不明?!




こんばんは、奈々です。

私が台所方面に向かうとこなつさんが早足でついてきます。

早くも食欲の秋到来?!・・・・・(^_^;)



昨日、携帯でYahooのニュースを見ていたら、ビックリするニュースが!



【続きはこちら】




イギリスで9年間も行方不明だった猫さんが無事に家に帰れたというではありませんか!



9年間ですよ、9年間!

ウチのこなつさんが生まれる前から今日くらいまでの時間が経っているんですよ。

その比較対象とされたこなつさんはもうシニアの入り口です。

猫さんにとっては気が遠くなるくらい長い時間です。



保護してから飼い主さんの元に帰るまでなんとたったの30分!

これにもビックリです。

こんなに早く家に帰れた要因は二つあると思います。



ひとつは英王立動物虐待防止協会(RSPCA)という、動物を守るための

専門の機関があること。


しかも王立。日本で言えば国立の機関のようなものでしょう。

国がこういう機関を持っているということはものすごく理想的だと思います。

(天下り先として無意味に存在しているうんちゃら法人なんかよりずっと。)

たとえば目の前に保護してあげなければ死んじゃう!というような状況の猫さんや

明らかに飼い主さんから虐待されている!というような犬さんがいたとしても、

自分の家では保護してあげられないとしたら・・・。

心が痛んだとしても見て見ぬ振りをしてしまうこともあるでしょう。

がんばって保護したとしても、その後どうしたらいいのか、保護団体というものが

あるということも知らなければ、自力で調べるしかありません。

でも国立のこういう機関があれば、もっとスムーズに連絡することも可能でしょう。

見て見ぬ振りをしなくても済むと思うんです。



もうひとつはマイクロチップが埋め込まれていたこと。

やはりこれが30分で家に帰れた最大の理由ではないかと思うのです。

飼い主さんは、もうすっかり諦めていたそうですし、たとえ飼い主さん探しの

情報を目や耳にしたとしても、9年も前に行方不明になった猫さんのことだとは

思わないかもしれませんもんね。



英王立動物虐待防止協会(RSPCA)もこのニュースがマイクロチップ装着

促進に繋がるように期待しているようです。



いずれにしてもお家に帰れたディクシーちゃん。

今後の人(猫)生をのんびり過ごして欲しいですね。



英国の行方不明ネコ、9年ぶりに発見され飼い主の元に(Yahooニュース)



……………………………………………………………………………………………
★ こなつのつぶやき
……………………………………………………………………………………………


あたしのマイクロチップ代わりは

ハート



ミッキー


これで万全よ。



奈「その前に行方不明にならないでいただきたい。」



……………………………………………………………………………………………
★ 編集後記
……………………………………………………………………………………………


 ¨::::::::::..........ゝゝ....:::..
    ¨¨¨¨¨¨¨¨‥‥‥ゝ‥:::::::.......::‥‥
 .    ..... ..     ゝゝ ¨¨¨¨¨¨     
  ¨¨::::::::::...........ゝ......::::::::::..‥
       ¨¨¨¨¨¨ゝ¨‥‥‥‥:::¨¨
        〃  
       "^ ̄    さんまを焼いている足元で
    〃        
   "^ ̄ 〃     目をキラキラさせるのはやめて欲しいです。
      "^ ̄     
でも飼い主に似るっていうし・・・気をつけよう。(奈々@方向音痴)
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす ジャンル : ペット

タグ : ねこ ネコ 迷子猫 マイクロチップ

EDIT  |  17:48  |  [バックナンバー]猫ニュース  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

いや~、さすがはイギリスですなぁ~。
それにしたって、よく、9年も……。
下手すれば、その9年の間に死んじゃったかもしれないのに。
その猫ちゃん、運も強かったんだわ、きっと。

以前に本で読んだんですけど、大英博物館に住みついた野良猫に、
「博物館所有の猫」というお墨付きが与えられたこともあるとか。
で、当の猫は、その恩に報いるべく……
毎日、博物館の天敵のハト退治にいそしんでるそうです(笑)
あめぶら |  2008.09.12(金) 18:54 |  URL |  【コメント編集】

9年越しに我が家へ帰れた猫さん、マイクロチップですぐに家に戻れた猫さん、私もどちらのニュースも見てほほぉと思っていました。
マイクロチップ猫さんは、夕方の地方ニュースでも大々的に報道されていましたよ。なぜなら、福岡県は刹処分ワースト1だから・・・。
福岡県ではマイクロチップの装着を推進していて、ペットショップでも希望する飼い主が増えているとのことです。
2006年から比べると、マイクロチップを装着した犬猫さんは、(たぶん全国で)2倍に増えたとのこと。
副作用もないとのことだし、外にでる犬猫さんにとっては大事なことですね!
アン子 |  2008.09.12(金) 20:54 |  URL |  【コメント編集】

マイクロチップ、うちも利用したいんですけど、読み取り機を置いてる病院でないと保護されてもわからないんですよね。日本では普及率がまだまだですし。
しかも保護してくれた方が動物病院に連れて行く可能性とかそういう事を考えるともう少し普及されるまで待とうと思います。
nejinoheya |  2008.09.12(金) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

9年間も生き延びた猫さんすごいですね
しかも30分で帰れたなんて
マイクロチップ日本でももっと実用化がすすむべきですよね

無責任に捨てちゃう人も減るだろうし
災害ので迷い猫になる可能性もあるしね

QRコード付きのらいの首輪でしたが
首輪の周りをかく回数が増えたので
ハゲちゃう前にはずしてしまいました

今日はゲストが総裁選候補が5人もいて
マーゴちゃん出番なしか・・
と思ったら・・
その後ちゃんと登場!
何かを見つけてキョロキョロしててかわいかった

候補者5人との対談は収録で、しかも中に猫アレルあギーの方がいらして収録の時はマーゴ君はお休みだったらしいです
『マーゴはどうした?』と問い合わせがあったらしく、ちゃんと説明して下さいましたよ
次期総裁よりマーゴが心配な人がいてよかった(笑)

ぴーまま |  2008.09.13(土) 13:02 |  URL |  【コメント編集】

す、すげぇ…
女王陛下、万歳!!
王立ってカッコイイ響きですよね(笑)デヘヘ

日本にもこんないい機関が出来ないかなぁ~!
その前に、飼い主の意識を向上させなくちゃぁ…
多頭飼いの挙げ句の崩壊や躾と称した虐待…
『病気になって可哀想だから、保健所に持ってったわ。
安楽死なんでしょ?』
とか抜かす奴とかね…

こんな機関があれば、子猫なんかも保護しやすいだろうなあ。
日本はまだ器物扱いですもんね…
猫なんて野良でも十分生きてけるみたいな扱いだし。
あー、こんな事訴えてもたかが猫とか猫バカとか言われない世の中になって欲しい。

愚痴ってごめんなさい。
あ、以前のコメントにお気遣い頂いてすみません。
公開していただいて結構です。
kao |  2008.09.13(土) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

あぁ・・・
今まさに、困ってる猫をなんとか助けてあげたいと思っている時の
リアルタイムな記時です・・・
ホントに少しでも早く、動物が安心して暮らせる国になる事を願います。

こなつちゃんの埋め込まれた?マイクロチップ、しかと確認致しました。
うちの周りで寝転んでたら連絡しますねっ!


困っている猫の件で、励ましのお言葉やお知恵を頂きありがとうございました。
mikko315 |  2008.09.15(月) 16:38 |  URL |  【コメント編集】

すごいですねー!
9年後に発見されて飼い主さんの元にとは!!
王立の協会があるなんて…素晴らしすぎです。
こういうところがシッカリしてる国は
心が豊かな国だなぁって思いますよねー。

もひとつすごいのはディクシーちゃんの生命力!!
9年行方不明で戻ってきた時には15歳だなんて!
ヤング(?)な時にいなくなったのかと最初思ってたんですが
行方不明時すでに6歳だったなんて。

そこから9年生きながらえていたディクシーちゃん。
すごいなぁ。飼い主さん大感激でしょうね。感涙ですー!
maquio |  2008.09.16(火) 09:10 |  URL |  【コメント編集】

■コメレスです。

♪あめぶらさん

本当に「猫の恩返し」ですね。(^-^)
人間でいっても9年って本当に長いですもんね~。その間どうやって生きてたんだろうと思うと切ないです。
誰かがごはんあげてくれたのかもしれないけど、飼い主さんの元で何の心配もしないで食べられていたごはんではないですもんね。


♪アン子さん

こういうニュースが大々的に報道されるのはいいことですね。マイクロチップ装着率も増えているのはいいことだと思います。もっと全国的になってほしいですね。そうすれば天国に行った猫さんたちもきっと喜んでくれるんじゃないかな。


♪nejinoheyaさん

そうなんですよね。マイクロチップが普及しても、読み取り機と人間たちにその存在を知ってもらわないと意味がないですよね。
「迷子猫を見つけたらまずこちらへ」っていう中心機関や病院がほしいなぁ。


♪ぴーまま

ヨーロッパのどっかの国では犬くんを飼う資格があると認定された人しか飼えないとか。猫さんの場合はどうかは言ってなかったけど、飼い主として責任が持てる人限定ってことなんでしょう。そういうのってやっぱりヨーロッパの方が進んでますよねぇ。

マーゴくん、今週は見忘れました・・・うっく。
録画予約してたのに何故か「王様のブランチ」が入ってた。あれ~?
マーゴくんファンがいるのは嬉しいですね~!(^-^)


♪kaoさん

本当ですよね。まずはそれが第一なんだろうけど・・・。
最近CMやドラマなんかでも猫さん犬くんはものすごく見るようになったし、かわいいっていう声も良く聞くけど、どうしてモラルはなかなか向上しないのか、ホント不思議です。昔から比べれば向上してるのかもしれないけど、だったらこういう専門機関ができても良さそうなもんですけどねぇ。
そんな中でも一生懸命活動していらっしゃる皆様に本当に頭が下がります。
私もできることからやっていかなきゃ、と思っています。

あ、コメント公開させていただきました~!


♪mikko315さん

本当にひとごとじゃないですもの。mikkoさんのところの気になるお方ほどではないけど、やっぱりガリガリの猫さんって見かけますしね。
気になってます。マジで、助けが必要なら飛んで生きます。私元気ですし、今まで猫にひっかかれたりかまれたりしてもオオゴトになったことありません。人間は健康保険もありますから多少のケガは厭いませんよ!

こなつが近所にいたら連絡くれればそれで結構ですから!


♪maquioさん

おかあさん猫が行方不明になって気が遠くなるような気がしていたのは3週間。ディクシーちゃんとは比べ物にならないくらいですけど、見つけたときの感激はもう本当に全身から力が抜けるというか、体がくにゃくにゃになるというか、やっと全身に血が巡ったというか・・・。
ディクシーちゃんの飼い主さんとお話してみたいですね。
ディクシーちゃんのこれからの猫生に幸あれ!
奈々 |  2008.09.18(木) 16:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。