2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.11 (Fri)

猫なのに馬の尾?

こんにちは、奈々です。

うすら寒かったここ2~3日が嘘のようにいい天気。

近所のチューリップが咲いてました♪

ちゅーりっぷ

【続きはこちら】


「馬尾症候群(ばびしょうこうぐん)」と診断されたもにゃちゃん。

ハァ?な、何?ソレッ?!って感じですよね。

一度も聞いたことがありませんでしたから。

この診断をしてくれたのは我が家の(猫の)ホームドクターです。

実はこの先生に行く前に、近所にできた新しい動物病院にとりあえず

駆け込んだんです。突然の発症だったので。

そうなんです。ある日突然歩き方がヘンになったんですよ。

あわてました。腰が引けてて歩きにくそうにしてるし、どうしたの?と

触ろうとすると大人しいもにゃらしくない声で抗議するんです。

そしてごはんも食べなくなり、動かなくなってしまいました。

ミーちゃんの前例もありましたから、とにかく一刻も早く病院へ!



触診、レントゲン撮影と一通りの検査をした結果・・・



「特に異常は見られないので、もう少し様子を見ましょう。」



は?

明らかに痛がってるんですけど?

明らかに歩き方が異常なんですけど?

しかもレントゲン、ブレてるし。(^_^;)



だめだ、こりゃ。

車嫌いのもにゃちゃんなので極力車移動は避けたかったけど、

そんなこと言ってる場合じゃない。

いつもの病院に駆けつけました。最初からそうすればよかったと後で思いましたよ。

奈々、不覚!



「馬尾症候群です。しかもこの子は先天的に背骨がひとつ足りないですね。」




あっという間の診断でした。

馬尾症候群とはこんな病気です。

でもこれを読んでもさっぱり何のこっちゃわかりません。

ものすごく簡単に言ってしまうと、

「馬尾神経とは腰の部分の神経のことで、背骨の中の脊髄神経がこの腰の部分で

 いくつかに分かれて見た目が馬の尻尾のようだからそのような名前がついた。

 そしてここは圧迫されやすく、様々な障害が起きやすい。

 この部分に起きた神経障害のことを総じて『馬尾症候群』と言う。

 症状は、痛み、足を引きずって歩く、排尿・排便障害などがあり、診断には

 レントゲン検査や神経反射テストが必要。」


ということです。



更にもにゃの場合は先天的に背骨がひとつ足りなくて、背骨の長さが足りないけど、

腸は普通の長さがあるもんですから、腸を収容しておくスペースが普通より

小さかったわけで、腸が圧迫されやすい状態だったということなんですね。

もともと小食でお水もあまり飲まない子だったので、腸の中でウンチが詰まって

しまい、それによって腸が膨張して神経を圧迫した・・・ということでした。

最悪の場合は開腹して腸の中の便を取り出した方がいいと言われましたが、

先生もそれは最終手段と考えていて、便秘解消の点滴をしながらゆっくりゆっくり

排便を促しました。

丸一日かかりましたけど、お腹の中はすっきり空っぽになりました!

後でお腹に溜まっていた便の写真を見せてもらいましたけど・・・

こんなに溜まってたのか!Oh! My God!!と天を仰ぐくらいでした。

今は水分を多めに与えること、長毛なのでお腹に毛玉が詰まらないようにすることに

気をつけています。至って元気で同じようなことは起こっていません。



この馬尾症候群は、犬(しかも大型犬)に多い症状として知られているみたい

で、ネットで検索しても猫さんの症例は本当に少ない。

でも、先生によると猫には意外と多いということでした。

その証拠に、もにゃと同時期にこの馬尾症候群でこの病院に来院した猫さんは

3匹もいました。もにゃもその他の3匹の猫ちゃんも仲良く病院のHPを飾っています。

女の子なのに便秘を公開されてしまった。(笑)

(この病院では積極的に症状や症例をHPで公開しています)

病院HPより

※↑病院HPより。右はじがもにゃ。

恥ずかしいわ~

※野良さんだった頃の写真です。



原因不明のことも多い中で、もにゃの場合は原因がハッキリとわかったので

不幸中の幸いだったと思います。



このサイトさんでは同じように馬尾症候群と診断された猫さんのMRI画像を

公開しています。是非ご参考に!




確かにこの診断を下すのは難しいらしいのですが、

それにしても、最初に行った病院、背骨がひとつ足りないことも気づかなかったのか。

ま、ブレてたから仕方ないかな。二度と行かないし、誰にも勧めないけど。



それからもうひとつ。

突然下半身不随になったもにゃの姉妹のミーちゃんも背骨がひとつ

足りなかったのかもしれないなー、と思いました。

同じように馬尾症候群だったのかもしれないし。

そう思うと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

ごめんね、ミーちゃん。

早く見つけてあげられなくて。

ミーちゃんの分ももにゃは元気だよ。



……………………………………………………………………………………………
★ 奈々のつぶやき
……………………………………………………………………………………………



普段一緒にいてよく見てる飼い主が少しでも「おかしい」と思ったら

高確率でどこかに問題点はあるはず。

様子を見ているうちに最悪の事態にならないようにセカンドオピニオンも

重要だなーと思った出来事でした。

バビ?




……………………………………………………………………………………………
★ 編集後記
……………………………………………………………………………………………


ブレたレントゲンを撮ったこの病院、診察券は可愛かったんだけどねぇ。

   ()    
   w  ()  顔写真入り(猫の)で。惜しいっ!
 () w  w 
 w w  w 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
お願いだから看護士さん雇ってちょーだい。先生一人じゃ無理がある。
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 我が家の猫 ジャンル : ペット

タグ : 馬尾症候群 便秘 歩行障害

EDIT  |  16:00  |  [バックナンバー]猫の健康・病気  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

*Comment

バビ?
もにゃちゃんとこなつちゃん、可愛いなぁ…
そのキテレツ獣医さん、ちょっとはウデ上げてくれてるといいけど。

毎日見ているけれど、どうも心配。
かと言って、大人しく捕まってはくれない。
車大嫌い&超ビビリ。
そんなモガちょん、どうやって獣医さんデビューさせるか、悩み中です。。。
奈々さんはキャリーを手運びして獣医さんに行かれるのでしょうか?

まぁ、様子がおかしかったらそんな悠長なこと言ってられませんが。
さぁ今日もシッコ確認にいそしむぞ~!!
kao |  2008.04.11(金) 17:23 |  URL |  【コメント編集】

♪kaoさん

はい、汗だくになりながら捕獲して手で運びます。
車がないときはリュック型キャリーをしょってチャリンコでえっちらおっちら。
そんな体力がないときはヘイ!タクシー!
こなつはね、抵抗はしますが、割と楽に捕獲できるからまだいいんです。重いけど。

実家のお兄ちゃんが大変で・・・(^_^;)
一番病院に行く回数が多い病気持ちなのにとにかく捕まらない!
男の子だから力もあるし。
モガちょんと多分同じですね。同志よ!

病院から捕獲器を借りた⇒金属の音にビビリ×
釣具屋で魚を取る巨大な網も買った⇒猫のすばしこさにはかなわず×
シンプルに抱っこ作戦⇒ハナから無理で×


で。
巨大な巾着袋をレースカーテンの生地で作り、それをお気に入りベッドにかぶせる作戦にしました。
普段からその姿で部屋においておきます。
2~3日すると普通にその中に入って寝てます。自分の匂いもついてるし。
で、いざっていうときには入り口をすぼめて猫入り袋の出来上がり♪
今度実家に行ったときにでも写真撮ってきますね。
そのままキャリーに入れてレッツゴーです。暴れるけど。

もにゃちゃんはビビッておもらしするし、小次郎に至ってはウンチまでしてました。
それを思うとこなつは楽なほうかなぁ。重いけど。(笑)
奈々 |  2008.04.11(金) 17:41 |  URL |  【コメント編集】

なるほどね~・・・勉強になりました。
まだ知らないけれどいろんな病気があるんですよね。
うちのかかりつけの獣医さんも、いつも口を酸っぱくしておっしゃいます「動物は口がきけないんだから、飼い主が変だと思う事があれば些細なことでもいいので診察にきて下さい」。確かにそうですよね。
しかし最初の獣医さんは一体・・・・まだそこの病院、やってらっしゃるんでしょうか。病院も選ばないといけませんね。
アン子 |  2008.04.11(金) 21:51 |  URL |  【コメント編集】

うんうん!
うちもネジを拾った時に折れてないのにレントゲン撮られて・・・しかも全身麻酔!!おとなしいのに!!
弁当箱にかぶりつくほど元気なのに点滴されるし!
挙句に血液検査もしてないのに「すぐに出来るから!」とワクチンを勧められました。
拒否して帰り、とお~い以前行っていた信頼できる獣医さんのところで一から話して診断を仰ぎ、きちんと血液検査もして「今の年齢では若すぎてワクチンは危険」と言われたので待ってから行いました~♪

本当に信頼できる獣医さんを持っておくというのは凄く大事ですね!
nejinoheya |  2008.04.11(金) 22:24 |  URL |  【コメント編集】

ハビ?のこなつちゃんベリーキュート♪
信頼できる病院ってほんとに大事ですよね

普段の様子をよく知る飼い主さんの話しをちゃんと聞いて欲しいと思います
明らかに普段と違うから病院に来てるわで、ちゃんと診て欲しいですよ

もにゃちゃんにホームドクターがいてホントに良かったですね

ぴーちゃんは昨日(金曜日)抗がん剤点滴治療の予定でした
が・・
またもNG!前回は赤血球不足、今回はなんと肝臓の数値が高すぎ
昨日、今日、明日の3日間、肝臓治療の点滴を受けることになりました
飲む抗がん剤も終了なのに、点滴治療で終わりなのに
先生は『いつもの赤血球チェックの血液検査だと解らないことだから、
今回、肝臓や腎臓を診る検査で早めに解ってよかったですよ』と言ってくださいました
肝機能に異常はなくちょっと傷がある程度だったのですが
朝から夕方までかかる点滴を3日間はちょっとショックです
ぴーちゃんが頑張ってるのに、私が凹んでどうするなんですが、
奈々さんなら分かってくれますよね


susato |  2008.04.12(土) 15:05 |  URL |  【コメント編集】

バビ・・・?
なるほど~勉強になりました。
うちは、毛玉を拾った日に近くで開いている病院が
たまたまそこしか無かったので行ったら
結構良くしてくれたので、4匹ともそこでお世話になってるんですが・・・
あまりにも捨て猫を持ち込んでくるので
顔を覚えられてしまって、病院に行ったら
「今日はどんな子を連れてこられたんですか~(笑)」って
言われてしまいますよ・・・。

でも、もにゃちゃん良かったですね~ ホントに・・・

し、しかし・・・最後のこなつちゃんの画像・・・
嘘のような・・・脳天気?
春が来たんでしょうか?頭にチューリップでも咲いてそうな感じがグーッ!
ビバこなつっ!
mikko315 |  2008.04.12(土) 20:45 |  URL |  【コメント編集】

■バビ?

初めて知りました。いつもながら勉強になります!
セカンドオピニオン・・・
実は去年わたしも思うところあってセカンドオピニオンを求めて別の病院にすももを連れて行きました。しかもその病院でアホ正直に「セカンドオピニオンを探しにやってきました」なんて言ってました(汗)「猫にセカンドオピニオンって!?」なんて思われるかなあ・・・と、誰にも言わなかったのですが、奈々さんが御推奨されているので、これからはどうどうと胸を張って言えます~!だって心配なんですもん・・・ね?

こなっちゃんったら・・・おっぴろげで・・・(ぽっ
mikinyan |  2008.04.14(月) 02:05 |  URL |  【コメント編集】

『尾』ってつくから尻尾の病気かと!
そうか~馬の尻尾に似てるから・・・なるほど!!
『もやもや病』的な命名なのですね。ふむふむ。

病院によっては的確な診断をしてもらえないコトもあるんですね★
安心して診察を任せられる病院を見つけておくって
とっても重要なんですね・・・(><;)

しかしみなさんが開口一番(開書き一番?)
『バビ?』と書かれてるのにちょっとウケてしまいましたー(^^*)
maquio |  2008.04.14(月) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

♪アン子さん

はい、やってるみたいです。(^_^;)
あの頃よりは腕が上がっているように願います。
じゃないと、口コミほど怖いものはないということを思い知ることになるかもしれません・・・。コワッ。


♪nejinoheyaさん

「弁当箱にかぶりつくほど元気」なネジくん(笑)、何事もなくて何よりでした。
言い方は悪いけど、そういう獣医さんってどうしても金儲けって額に書いてあるように見えちゃいますよ、私。こっちが何も知らないと思うなよ!っての。
でも本当に良かったです。ネジくん。


♪susatoさん

凹んじゃう気持ちわかりますよ~。できることなら代わってあげたいと思っちゃいますよね。そんな長い点滴、ぴーちゃん本当に良くがんばったね!
今までもがんばったからぴーちゃんも少し疲れが出たのかも知れませんよ。
susatoさんが凹んでるとぴーちゃんに心配されちゃうよ?(^-^)
もう少し、がんばろう!ねっ♪


♪mikko315さん

お家の近くにいい獣医さんがいてよかったですねえ!本当に!
野良さんだと明らかにおざなりな治療しかしてくれない獣医さんもいますから。じゃなきゃボッタクられたり。
もちろんごく少数だけど、確かにいるのがすごくザンネンです。

ウチも実家ぐるみでお世話になってるんで猫自体は把握してもらえてるんですが、最初の頃はどっちの家の猫かわかんないみたいでした。
めんどくさい患者一家です。

こなつは一年中ラリホ~♪


♪mikinyanさん

いいと思いますよ~堂々と言っちゃって。「他の病院でこう言われたんですが、どうしても良くわからないんです。先生はどう思われますか?」って私聞いちゃいますモン。可愛いすーたんのために図々しくなりましょう!(笑)

こなつの辞書には「女らしさ」と「羞恥心」という言葉はないもよう。ふぅ。


♪maquioさん

そうそう。先生の技量にもよるだろうし、どんなにいい先生でも経験が足りなかったりしても診断できないだろうし・・・。難しいですよね~、ホント。
今更ながら獣医になりたいと思っちゃいました。遅いけど。遅すぎるので生まれ変わったらにします。(笑)

みなさんの「バビ?」攻撃に私も見事撃沈です。(笑)
奈々 |  2008.04.15(火) 17:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。