2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.21 (Thu)

猫おじいさん


こんばんは、奈々です。

今日は天気が良かったのでちょっと遠くのスーパーまで足を延ばしたら

帰り道で買った物を捨てたくなりました。(笑)

(もちろん捨てませんでしたよ!)




【続きはこちら】




毒入りギョーザ事件とか偽キャラ遊園地とか北京オリンピックの色々問題とか

実に様々な問題を抱えている中国。

昨夜のサッカーの試合でも中国選手のラフプレーに対して審判が不公平だったとか。

(その審判は北朝鮮出身だったらしいですが)

またかよ・・・って感じがします。

私が今一番心配なのは北京オリンピック。

オリンピック大好きな私としてはがんばっている選手の皆さんには公平に

堂々と戦ってほしいと願っていますが、

選手村の食事は大丈夫なの?

呼吸が苦しいほど空気が汚いって、選手の体は大丈夫なの?

等々、色々と不安があります。



お国柄と言ってしまえばそれまでなのですが、

日本のキャラやらゲーム機を堂々とコピーしてしまって

「日本人は騒ぎすぎ」と言い放つあたりは理解しがたく・・・。



でも、そんな中国にも猫を愛してくれるおじいさんがいたんですね。



■「猫おじいさん」90歳で死去、捨て猫1000匹世話

15日上海青年報によると、上海市南匯県で捨て猫1000匹以上を引き取り
新しい飼い主を探すなど、猫の愛護に尽力した徐凱さんが5日、90歳で亡く
なったことが分かった。13日の葬儀には、多くの愛猫家が参列したという。

徐さんが猫を飼い始めたのは1989年。散歩時に捨てられた子猫を拾った時
からという。その後、「猫を引き受けてくれる」との噂が広まり、徐さん宅前
に猫を置き去りにする人もあらわれ、最多時には120匹の猫と暮らしていたという。

 家族によると、毎月1500元の年金は、すべて猫のために使った。
新しい飼い主を探すなど、「猫に奉仕する生活」を続けるうちに数百人の
「猫仲間」ができたという。

 徐さんが亡くなった後に残された猫約40匹は、68歳の娘、沈暁荷さんが
引き取ることになった。葬儀に参列した人は、「猫のために」と大量の食料や
餌代を寄付したという。

 徐さんは1918年生まれ。一家が工場経営などで得た資金を全て使い、
1940年代後半に私立小学校を設立。中華人民共和国成立後、学校は国有財
産になったが、徐さんは校長を務めた。文化大革命期には解任されたが、83
年に名誉が回復され、南匯県の政治協商委員も努めた。89年に引退してから
は、猫一筋の生活だったという。

 父親の跡を継ぎ、猫の世話をすることになった沈さんは、「猫を捨てる人が
絶えない。その後、ペットがどうなるか考えてほしい。飼う以上、責任を果た
してほしい」と訴えている。


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0215&f=national_0215_006.shtml より引用)



いい話ではないですか。(ρ_;)

1000匹なんてそうそうできることではありません。

動物に関してもいいニュースをあまり聞かないだけに、余計に嬉しくなりました。



……………………………………………………………………………………………
★ こなつのつぶやき
……………………………………………………………………………………………

ともだち1000人




……………………………………………………………………………………………
★ 編集後記
……………………………………………………………………………………………


野良猫1000匹・・・。

     z  ゞツ〃   私もまだまだ
     z 丿_ "ミ  
      (  ノ⌒ヽ    甘いな・・・。
  ∧∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  |
 (- -/      \ノ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
みりん、白菜、にんじん、じゃがいも・・・
重いものばっかりじゃん!
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : ねこ大好き ジャンル : ペット

タグ : 捨て猫 中国

EDIT  |  16:17  |  [バックナンバー]猫ニュース  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

凄いですね~。
猫好きは世界共通ということなのですね♪

でも、それにあやかって捨てに来る人たちって!
腹が立ちますね~、恥ずかしくないのでしょうか。
nejinoheya |  2008.02.21(木) 18:55 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは!
↓のアロマの記事、とても役に立ちました。
1000匹、ってすごいですね。息子さんが意志を継ぐこともすごいことです。お父さまを尊敬されていたからできることですよね。
無償の愛とはこういうことをさすのかもしれません。日本にもこういう方が、いらっしゃいますよね。猫の手帖という20年前(処分できずずっととってる人、約一名v-221)の月刊誌を読みますと、そういう方達の座談会とか載っていました。
きなこ |  2008.02.21(木) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

私の友達の息子がですね・・・小学校初登校の帰りに、「重かったから」といって、ランドセルを途中のあぜ道に放ってきたらしいです(爆

猫おじさん!いいお話ですねー。そういえば!同じく中国でか・・・いや、タイだったかな?猫にまつわる涙腺ゆるゆるのいい話があったんですよ・・・えーっと、えーっと・・・すみません、ど忘れしましたヽ(;´ω`)ノ
じゃあ書くなよ!って感じですが(笑)自分が食べるのも精一杯の地域で猫を大切にされてるお話だったんです・・・あぁ記憶が・・・もどかしい
mikinyan |  2008.02.22(金) 00:34 |  URL |  【コメント編集】

1000匹とは凄いですねぇ~
引き継いだ娘さんもエライ!
最近、中国と言えば悪い話ばかりでしたから
なんだかホットしました

ぴーちゃんの朗報2
ガンの奴、半分くらいにしぼみました!
でもここからなんです
奴は自分が死ぬとき毒素を出すらしいんです
それでぴーちゃんの具合が悪くなることも
あるとかで油断は禁物ですが
確実によくなってます
がんばるぞー!
susato |  2008.02.22(金) 09:09 |  URL |  【コメント編集】

1000匹はすごいですねぇ!
年金すべて猫に捧げたおじいさんも天晴れですが
それを止めることなく見守った家族もまた天晴れ!!

ここのところ中国は悪いイメージがつきまとっていましたが
このニュースはホンワリ心が温かくなりました(^^*)

お買い物、ご苦労様でした~。
なぜか重いものばかりになっちゃう日、ありますよね(笑)
もうこれ以上重いもの持てない!と思ってるのに
じゃがいも安っ!!で、ついつい買っちゃって・・・
手がちぎれるw(゜д゜!!)なハメに・・・★
maquio |  2008.02.22(金) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

こなつさんに、1000匹お友達ができたら……
家計ひっ迫で(それ以前の問題か)、奈々さんは卒倒起こすだろうな(笑)

買い物って……なぜか、重たいものが集中するとき、あるんですよね(汗)
あめぶら |  2008.02.22(金) 10:28 |  URL |  【コメント編集】

やっぱり猫好きは、こうなる運命なのでしょうか
たぶん資産があって、年とったらこうなるんだろうな・・・?
近所からは猫屋敷とか言われるんだろうな・・・。

猫の為に、残りの人生費やしたなんて
ある意味言ってみたいですね。
そして、飼い猫と猫仲間に見守られながら
毛玉たちが待ってる虹の橋へと・・・
「この人、ホントに猫好きだったんだね~」って・・・

あっ・・・
知らない間に、亡くなってる話になってる・・・
しかも、毛玉まで・・・
mikko315 |  2008.02.22(金) 11:32 |  URL |  【コメント編集】

♪nejinoheyaさん

猫好きも世界共通、そしてそれを利用するのも世界共通・・・?
こういうニュースって大々的に知らせて欲しい気持ち半分、それを利用してさらに捨てにくる人たちを助長させちゃうかと思うと知らせて欲しくないような気持ち半分です。


♪きなこさん

20年分とはこれまたすごい!そんなにとっておくスペースがあるのが羨ましい・・・♪
日本にもいらっしゃいますよね。私がたまに物資等をお送りしている生全寺(左サイドバーにバナーがあります)もそのひとつです。
ここでもメディアの取材などで所在地がわかると捨てに来る人が急増したため、今は住所等は公表していません。里親の募集もしていません。すべての犬猫さんの一生を面倒みるつもりで活動を続けていらっしゃいます。
本当に命を助けるのは私達が思いもしないようなご苦労がたくさんあると思います。本当に本当にエールを送りたいと思います。


♪mikinyanさん

そのご子息、大物になりそうな予感・・・♪
こういういい話って実はたくさんあるのかもしれませんね。
でもそれをニュースにしてしまうと弊害(捨てにきたり)もあったりするわけで・・・もどかしいです。
「自分が食べるのも精一杯の地域で猫を大切にしている」って本当にすごいことですよね。
予算を多く取るために箱物いっぱい作ってる政治家とかに聞かせてやりたいですよ。


♪susatoさん

毒素を出すとは、ガンめ、中国みたいな戦法を・・・!
でもすごいですね、ぴーちゃん。がんばってますね!
susatoさんが早く気づいたお陰じゃないでしょうか。
引き続き応援してます!v-81


♪maquioさん

ほんと、ほんと。ご家族も素晴らしいです!
みんながみんな、おじいさんと同じくらい猫好きだったとは限らないと思うんですけど、猫道を貫いたおじいさんの生き様だったんでしょうね。
見習いたいです。

そうなんですよー、「絶対持てないからヤメとけば?!」と思いつつかごに入れちゃって後悔するのー。


♪あめぶらさん

気持ち的にはウェルカムなんですけどね~。(笑)
家庭環境が許してくれないだろうな・・・。悲しい一庶民。
ジャンボ宝くじが10回くらい当たったら1000匹くらい一生面倒見られるかな?
・・・宝当神社にでも行くか。


♪mikko315さん

それは・・・とっても幸せな未来予想図だけど、まだ早いよっ!
きよこさんと勘吉くんとこまるっちに看取ってもらうつもりだね?!

とか言いつつ、私も虹の橋で今までのにゃんこ達に会うのが実は楽しみだったりしてv-238
奈々 |  2008.02.23(土) 16:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。