2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

猫がペットに選ばれる理由


こんばんは、奈々です。

今日は少し寒さが緩みましたね。ホッ。




【続きはこちら】




フェレットやウサギさんなど、ペットと一言で言っても最近は犬猫以外の

動物もかなり一般的になってきました。

かく言う私も、先日こなつのごはんを買いに行ったペットショップにいた

ウサギさんに一目ぼれしそうになりましたし。(*^_^*)



でも、新たに犬や猫以外の動物を飼うにあたってはやはり色々と飼い主も

勉強しなければなりませんよね。

それに何といっても一番心配なのは獣医さん。

エキゾチックアニマル専門の獣医さんもいますが、ごくごく少数ですし、

自分の家の近くに必ずしもその動物に詳しい獣医さんがいるとは限りません。



そんな中、スローロリス、ベニコンゴウインコ、ヨーロッパコノハズク、

ジャネットキャット、コーンスネーク、ヒョウモンリクガメ、

クラウンツノガエル、コツメカワウソ、ギンギツネなど、実に色々な動物を

飼っている獣医さん夫妻がいるそうです。

さながらプチ動物園状態ですね!

もともと動物が好きで獣医さんになったわけですから、色々な動物を飼ってみたい

という思いもあったようですが、やはり「動物を良く知らないと病気は治せない」

という気持ちが強かったよう。

いくら獣医さんと言っても、実際に一緒に暮らしてみないとわからないことも

たくさんあったといいます。

それはそうでしょうね。私もこれだけ長く猫と暮らしていても

「こんなことする猫初めてだ!」と思うことはしょっちゅうですから。

獣医さんとは比べ物にならない些細な発見ですが。(笑)



前にも紹介した漫画、「うちのうめは今日もげんき」はアライグマを飼っていた

漫画家さんのエッセイコミックですが、それまでアライグマと言えば

「ラスカル」というくらいの知識しかなく、あのアニメの印象から、アライグマ

はとても賢くて大人しい動物という印象があった私。

でも「うめ」を読んでとてつもなくイタズラ好きでとてつもなく手のかかる動物

だということを知って結構ショックだった覚えがあります。

実際、この先生ご夫妻も「アライグマは凶暴すぎて個人では飼い切れないので

飼育情報が少ないものはやめたほうが良い」とアドバイスされています。

アロワナやカミツキガメなどの例でもあるように、飼い切れないから捨てるなんて

言語道断の行為ですからね。



「色々飼ってみて、やっぱり犬・猫が主なペットに選ばれているのが、よく

 理解できました


これも先生ご夫婦の感想。

凶暴でもなく、特殊な生活環境が必要なわけでもなく、何より情報が豊富にあり、

人間のパートナーとしての歴史も古い犬や猫。

なるほどな~と経験者の言葉の重みに納得です。




……………………………………………………………………………………………
★ こなつのつぶやき
……………………………………………………………………………………………

どきたまえ


よきパートナーで遊ぶ飼い主(私)。



……………………………………………………………………………………………
★ 編集後記
……………………………………………………………………………………………


そういえば、友達の家にいたサスケ、元気かな?

サスケ、ちょっと凶暴だったけど(笑)可愛かったですよ~。

(おサルさんです♪)

おサルさんに凄まれると結構ビビります。
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : ねこ大好き ジャンル : ペット

タグ : エキゾチックアニマル

EDIT  |  17:09  |  [バックナンバー]猫とくらす  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

ま~立派な獣医さん!獣医の鏡ともいえますね。
「飼ってみないと治せない」うーん、深い言葉です。素晴らしいと思います。
どんな動物も飼ってみたら可愛いんでしょうね。でも「可愛い」と「飼いやすい(最後まで面倒がみれる)」は違いますもんねえ。
本当の意味で可愛がるためには、その子について情報を集め勉強を続けていくことだと思いました。
アン子 |  2008.01.30(水) 20:44 |  URL |  【コメント編集】

小さなものは熱帯魚・ハムスターから、大きなものは雑種犬まで……
よく考えると、かなりいろんな動物を飼ってきたんですよね(笑)
もちろん、フェレットも飼いました、2匹(爆)
そして最終的にたどりついたのが、猫なんです♪
小さすぎず、大きすぎず、獣医さんにとっても一般的な動物であること。
という条件をクリアするのは、今のところ、猫しかなかったですよ(笑)
フェレットもそれは可愛かったけど、獣医さん選びに苦労しまして(汗)
家の事情で、散歩が必要な犬は飼えなくて……
となれば、やっぱり、そりゃあ猫しかないです~!
あめぶら |  2008.01.30(水) 21:48 |  URL |  【コメント編集】

凄い勉強熱心な獣医さんですね。
確かに未知の生物は思ってるものと生態が違ってたりしますよね。
娘さんにねだられて犬を飼い始めた同僚がいるのですが、その方もペットを飼うのが初めてで色々きかれます。私にとっては当たり前の事だけど、その方にとっては初めての事で色々とビックリされる事実があるみたいです。
nejinoheya |  2008.01.30(水) 22:28 |  URL |  【コメント編集】

『動物を良く知らないと病気は治せない』
立派な獣医さんですね!

ぴーちゃんと出会う前
ウサギを飼ったことがあります
ウサギもなつくんですよ
呼ぶと来るし、夜は布団に入ってくるし
トイレは決まったとこにしかしないし
でも、家中かじります(笑)
私のアレルギー性喘息がマックスになってしまって
ウサギ大好きで10匹以上飼ってるお宅へ里子に出しちゃったんですけど(泣)

でも、やっぱり猫が好き
susato |  2008.01.31(木) 09:45 |  URL |  【コメント編集】

敵(?)を知るには一緒に暮らすことから!
もう7ヶ月が過ぎようとしていますが、まだまだわからないことばかり…

自分の手に余るものを、手軽に入手できてしまうのはダメなトコですねぇ。
すぐに責任放棄することだけは止めて欲しいな…(-"-;)

インコを飼ってみたいんですよ~。
(夢だけど)
肩に止まらせちゃったりして。
「オハヨー」
とか
「ムカシムカシ、オヂーサン ト オバーサン ガ」
とか語らせたりして。
あれ、インコって喋ったっけか…
kao |  2008.01.31(木) 16:22 |  URL |  【コメント編集】

♪アン子さん

本当にそうですね。動物と一緒に暮らしていくことって、つまりはその動物についてずっと勉強し続けることかもしれません。
言葉の話せる人間同士でも相手のことってなかなか理解できませんもんねぇ。(笑)


♪あめぶらさん

自分の生活にベスト!といえるような動物と出会えるのって実はラッキーなことなのかも?!そしてさらにそれが大好きな動物だったら・・・こんなに幸せなことってないですよね。


♪nejinoheyaさん

そうですね~。私も熱帯魚とか爬虫類とかは全くわかりませんもん。
その昔ちいさなワニやカメレオンを飼っていた友達(♂)がいまして、ワニさんでも目の間を撫でてあげると気持ちよさそうに目を閉じるんだよ~と嬉しそうに話してましたっけ。


♪susatoさん

あー・・・ウサちゃんも可愛いですよね~!
小学校の頃飼育係で、大根の葉っぱとかおから団子とか作っていたのを思い出しました。もう、放課後が楽しみで楽しみで♪
最近は男の人に大人気みたいですね、ウサちゃん。(^-^)
ウサちゃん大好きなお宅に行ってきっと幸せだったことでしょう♪


♪kaoさん

一緒に暮らして7年経つけどわからないことはまだまだ山積み・・・。
あ、ダンナのことです。哺乳類、ヒト科の。(笑)
しゃべるインコさんもいますよねー、確か?
あ、お正月に行った花鳥園のヨウムのアンソニーくんはしゃべってた。
あれは・・・ヨウム(オウム)だからかな?
私、オカメインコ好きなんですー。いつも照れてるみたいで可愛い♪
奈々 |  2008.02.05(火) 16:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。