2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.11 (Tue)

トラ・ブチ・シマ?


こんばんは、奈々です。

洗濯物が本格的に乾きません。



かぎしっぽに続いて猫の色や柄、模様についてもとても興味のある私。

そんな私が見つけた1ヶ月ほど前のこのニュース。




【続きはこちら】



■「黒猫は縁起悪い」は迷信、イタリアで啓発イベント



なんでも、イタリアでは11月17日が「黒猫の日」だそうです。

でも微笑ましいものではなく、「悪魔の手先」とされていたイタリアでは

縁起が悪いという迷信を信じている市民によって黒猫さんがかなり

迫害されているというではありませんか!

昔の話ではなく、今現在の話です。許されることではありません。

そこで動物愛護団体が立ち上がって国内に情報センターを200箇所設置したり

愛猫家であるローマ法王ベネディクト16世宛てに支援を求める手紙を送ったり

したそうです。



私が知っている黒猫さんはとても賢い子が多かったし、とても愛情深かったです。

またその反面、ちょっとマヌケなところもあったりするし、

真っ黒な外見とくりくりっとした真っ黒な目がとても愛らしくて大好きです。

一日も早く、こんな昔の迷信はどっかに行ってくれることを祈ってます!!



さて、このように色々な迷信が生まれることが多い猫の毛色や柄、模様。

実に様々で興味は尽きません。

毛色は性格とも関係があると考えられているので余計です。

私は中学生まで祖母と暮らしていたので「おばあちゃんの知恵袋」的な

色々なことを聞いて育ちました。

その頃は「わけがわからん」と思っていたことも、今になってみて思えば

「なるほど~」と思うことも多くて、まさに、今祖母が生きていたら

色々聞けたのになぁと思うことも多いです。残念。



中には「ものもらいができたときには障子の陰からおむすびを貰うと治る」

などという本当に意味不明のものもありましたが。(笑)



そんな祖母から聞いた猫の話では、



■白い毛色が多いほど気性が荒い

■色のついた面積が多いほど性格が温厚

■茶色より黒色の方が温厚 ← 聞いてる?イタリアの人!

■白い部分が多いほどメスが多く、色のついた部分が多いほどオスが多い




などがあります。根拠は「祖母の知恵袋」なので確証のあるものではありません。(笑)

あとは「三毛猫はほとんどメス」というのはあまりにもメジャーですが、

実は「茶トラはオスの方が多い」というのもあります。

「三毛猫はメス」説と同じようにこちらも科学的にちゃんと説明ができるんだ

と最近知り、祖母の知恵袋もまんざら嘘じゃないんだなぁ、と思いました。



三毛猫のオスは染色体異常というのは一般的になってきましたが、

茶トラのメスもそれほどではないにしても、やはり染色体のしくみによって

オスよりも生まれにくいそうです。

このようなことを考えるとそのうち上の4つも科学的に解明される日がくるの

かな。

楽しみにしていよう♪



それにしても猫の模様、奥が深くて

「実におもしろい」(ガリレオ風)←わからない人、すみません(汗)



なんとなく似てる


ビーズで作った三毛猫さんとこなつの口元がなんとなく似てます。(^-^)


┏─┓―――――――――――――――――――――――――――○○●
│★|編集後記
┗─┛―――――――――――――――――――――――――――○○●



そうです、「すっぽり飯」の祖母です。

他にも色々あるのよ~♪

    ★ たんこぶができるとそこにお砂糖をまぶされていた私。
    ┻
   ┛┗ そのまま庭を走り回っていて転んで
   ┛ ┗  
  ┛☆ ┗   おでこにアリが歩いていたことがあります。
  ┛  ☆┗   
 ┛━┳┳━┗    実話です。もちろん大泣き。(笑)
 ━━┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆
お砂糖がたんこぶの中の水分を吸収するそうです。
「へぇ~」と思ったら、是非ポチッと♪
↓↓↓↓

人気ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : ニャンコの話(=^・ェ・^=))ノ ジャンル : ペット

タグ : 毛色 迷信

EDIT  |  17:10  |  [バックナンバー]猫ニュース  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

*Comment

へ~おばあ様の知恵袋、面白い考察ですね。
今まで毛の色の事とか興味なかったので、感心してしまいました。
自分の目の前を黒猫が横切ると縁起が悪いと聞いたことあるけど、もちろん迷信ですよね。
黒猫ってきれいで、ミステリアスで、不思議な魅力があると思います♡
アン子 |  2007.12.11(火) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

うんうん、うちも蘭の方が気性が荒いです(苦笑)
黒猫…私は魔女の宅急便みたいで好きですけどね~。

こないだ隣の畑でネジと魔法の修行をしてる夢見ましたよ。
「ご飯よ~」の声に家に帰ると沢山の猫たちが「お帰り~」て言ってくれて楽しい夢でした。
nejinoheya |  2007.12.11(火) 23:16 |  URL |  【コメント編集】

■なななんと!!

イタリアでは黒猫さん迫害ですかッ(;д;)!
気の毒すぎる…早く迷信から解き放たれてほしいものです…。

あ、でも。ヨーロッパを旅した黒猫のノロちゃん、
イタリアにも寄っていましたがひどい目にはあってなかったなー。
イタリアでも主要都市では迷信も薄れてきているのでしょうか?
それとも観光中の黒猫は珍しいからベツモノ扱いだったのかなぁ???

日本では病に黒猫が効くとされていたとか。(猫雑誌より)
モチロン食っちゃうとかじゃなく(゜▽゜;;)
側にいてくれると病が治ると信じられていたんだそうで…。
トコロ変われば、ですよね~!どっちにしても猫にはいい迷惑な気もしますが(汗)
maquio |  2007.12.12(水) 09:10 |  URL |  【コメント編集】

さすが、カトリックのお国柄というべきなんでしょうかね(汗)
未だに、魔女狩りならぬ黒猫狩りをやっとるのか、あの国は?!

そうそう、三毛のオスは染色体異常で生まれるんですよね。
だから、繁殖能力がない、と聞いたことあります。
三毛の色は、XX……つまりメスの組み合わせでなければ発現しないとか。
それが、たま~に、XXYという異常な組み合わせができて……
三毛のオスが生まれるらしいですよ~。
あめぶら |  2007.12.12(水) 13:11 |  URL |  【コメント編集】

お婆ちゃんの知恵袋ってなるほど情報満載ですね

色が性格に出るのは解るような気がします
うちのは2ちゃん共にトラ猫しかも白い部分が少ない女の子ですが、
グレーのぴーちゃんは温厚で茶のらいは小心者の攻撃型です

イタリアではヤマト便はきっとNGですね(笑)
そんな迷信無くなってしまえぇ(/--)/~~
susato |  2007.12.12(水) 13:56 |  URL |  【コメント編集】

えぇぇぇ~!!!!そぉなんですか?!
私は黒猫好きだけどなぁ・・・ウチにある猫グッズも黒猫だらけ☆

・・・逆に黒猫は縁起が良いってところもありますよね。迷信だけでそんな扱いを受けるなんて・・・人間って勝手ですよねぇ。。。
ぎんたん。 |  2007.12.12(水) 15:26 |  URL |  【コメント編集】

イッタリアーノは意外と迷信深いのだなぁ。
黒猫は甘ったれのお人よし、毛ヅヤの美しさなんてピカイチなのにね。
スタッフさんの間では、一徹さんは凶暴で有名だったそうです…信じられん…

ウチの婆っちゃに拠ると…
『赤猫(茶トラ)はデカくなる』
『赤猫は尻クセ(おトイレのマナー)が悪い』
『赤猫はごうら猫(コワモテの極道ニャンコ)』

…そりゃ、婆っちゃの近所の猫が暴れん坊将軍だっただけなんじゃ…

茶トラのコって大きくなるイメージがあります。
実家のアイツもデカかった…(尻クセもイマイチだった…)
環境によるんだろうけど。

ベネディクトさん、そのインパクトの強い顔で迷信など吹っ飛ばしてくださいよ。
kao |  2007.12.12(水) 16:40 |  URL |  【コメント編集】

♪アン子さん

ねえ?そうですよねぇ?
黒=不吉だったら今の世の中冬の街中なんて不吉な格好した人ばっかりになっちゃいますよねぇ。
祖母の話、もっと真面目に聞いておけば良かったな~と今更ながらに思ってます。先人の知恵は貴重ですよね。


♪nejinoheyaさん

そうそう、「ジジ」という名の猫がどれほどいることか!
ウチの従姉妹の家にもジジという名の黒猫が1匹。(笑)
猫にお帰りと言ってもらえる夢なんて本当に楽しそう♪
しかも魔法の修行!?飛べるようになりました?(^-^)


♪maquioさん

本当に、そういう迷信は早くなくなってしまえ!と思いますよね。
有名猫さんだと別扱いされたのかもしれませんね。
猫が喋れたら何て言うかしらねぇ?
新撰組の沖田総司の「クロ」は有名な話ですもんね。
縁起がいい方だけ広まってくれればいいのにな。


♪あめぶらさん

「あら?黒色は縁起が悪いの?じゃあ茶トラに着替えようかしら」
なんてことは猫にはできないんだから、いい迷惑ですよ、ホント。
イタリアの人だって黒い服着るのにね。

ねこたまにいたオスの三毛猫のフクちゃん、元気かなぁ?


♪susatoさん

うまく説明できないけど、ほんっっっっっっとうに奥が深いですね、色と柄。
ただ適当に色柄がつくわけじゃなくて法則(遺伝)が深く関わってきているみたいだから性格が出るっていうのも当たり前なのかもしれませんね。

色柄なんていうと洗濯物みたいだけど。
黒猫同伴でみんなでそれこそ猫っかわいがりしながら団体旅行でもしようか?!


♪ぎんたん。

私も黒猫さん好き♪なんか絵になるっていうのかな。別に他の色の子が絵にならないっていう意味じゃないんだけど、なんとなく、ね。
黒猫の一輪挿しがあるんですけど、お花の色も映えるんですよー。
ファッションの国らしくないような気がします。


♪kaoさん

い゛っ?!一徹さん、凶暴だったの?信じられない・・・(^_^;)

確かに茶トラ猫さんは大きい子が多いかも。
kaoさんの婆っちゃさんの知恵袋も是非垣間見たい気がします。(笑)
しかし、確かにその茶トラさんの様子を伺うと・・・「愚連隊」という言葉が浮かびましたわ。

ベネディクトさんの影響力に期待しましょう・・・。アーメン。
奈々 |  2007.12.12(水) 17:04 |  URL |  【コメント編集】

エーッ!
そうなんですか~。知らなかった・・・。
黒猫がそんな事に・・・。迷信もいいとこですよね!
そういえば、ハロウィンでも黒猫出てくるけど
あれはなんなんだろ・・・?

黒猫はずーっと昔から飼いたいな~と
思っていたところに、黒猫のきよこが現れました。
でも、最近きよこがこまるを迫害してる姿がチラホラ・・・。
mikko315 |  2007.12.12(水) 18:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。